託されたバトン

大阪から帰ってきたら越谷アサイラム。
まだまだ旅は続いていたんだなぁ。

04.22(Sat) 埼玉・越谷 EASYGOINGS
“koshigaya ASYLUM 2017”
出演: タテタカコ+足田メロウ / マルチーズロック / ナカユビ / あぶらすまし+ユアサミズキ /The JFK
ミーワムーラ+ツチヤヒトミ / 今西太一とミスターマックス+足田メロウ / Azami / Andare
※ 4月22日(土)・23日(日)の2日間のイベント
出演に関しましては、Andare出演の22日の越谷EASYGOINGSを掲載させていただいてます
詳しい情報はkoshigaya ASYLUM 2017 https://www.koshigaya-asylum.com/
・Andare member:Key.Vo.国吉亜耶子 / Gt.Cho.佐藤学 / Gt.Cho. 星直旗 / Dr.Cho. 西川真吾

本番前にお着替えを済ませ、
ストレッチをしているところを、
こっそりパシャり!

撮っていることに気が付いたら、
早速お二人ともポーズを決めてくれたよ。

さすがのサービス精神!

今回はEASYGOINGS。

昨年は別会場で二日間出演させていただきましたが、
違う雰囲気の中でやらせていただきました。

鍵盤はコサック魔夜さんが貸してくださり、
弾いてみたい鍵盤に触れることも出来ました。

マヨちゃん、本当にどうもありがとう!

出番前の楽屋で、
ひとつ前の今西太一さんが、
ステージを終えられて戻って来た時、
「あとは頼んだ」
全力でやり切った表情で、
強く握手をしてくださった。

「引き継ぎます」そう言った。

見えない託されたものを、
確かに受け取ったと感じた瞬間だった。

本番前にサウンドチェックをする。

時間が来たら”ASYLUM”の
テーマのジングルが流れ本番が始まる。
この音楽から全出演者、演奏が始まる。

ジングルが流れている間、
ここにしかない静けさがある。

何とも言えない緊張感。
身体が、背筋が伸びるような気持ち。

さっきの握手もそうだ。
これでみんな繋がっている気がした。

いつだってそうだけれど、
ステージに立って演奏する事が出来る、
その意味や、その思いを、
改めてじっくりと感じられる。

ありがとう、と思う。

ライブ、とても気持ち良くさせていただきました。

たくさんの出演者がいる中で、
私たちを見てくださった皆様、
本当にありがとうございました。

ずっとずっと、このイベントが続きますように。

 

CYA.

6つの1と7つの1

1月11日。

急遽決まった翌日のライブに向けて、
今年初のスタジオだった。

12日にライブが決まったので、
それに合わせて10日沖縄から帰って来た。
西川氏も7日からタイへ旅行、
10日に戻ると聞いていたからちょうど良かった。

吉祥寺に向かう。

互いに新年どう過ごしたか、話をする。

西川氏は、
故郷ではあまりゆっくり出来ず、
慌ただしく過ごし東京に戻り、
これまた朝イチで成田へ向かったと。

私は沖縄の暖かさを自慢したかったが、
あちら(タイ)の方がもっと暑くて、
都内との気温差の方もあちらが上だ。

夏の暑さは苦手だが、
冬の暖かさは夏くらいでも自慢になる。
本当に勝手だな。

リハーサルはふたりで2時間入り、
西川氏はその後ひとりで1時間入っていた。

10日振りにスタジオで歌を歌う。

久々だからこそ変わること、
久々だからこそ気づくこと、
やっぱりあるんだなぁ。

たまたま見たら、
1月11日の1時11分

記念にカシャリとしました。

これまた、
たまたま見たら、
1月11日の11時11分

記念にカシャリとしました。

何かいい事あるかなぁ。

もっと長いゾロ目を考えた。
今年が2017年だから5年先。
22年の2月22日の22時22分。

もっと長いのだと、
2222年2月22日の22時22分。

あと200年以上先だ。

無理と思ったら無理。
何があるかわからないから、
もしかしたら生きているかもしれないよね。

 

Seeya!