平成最後の満月を、 せっかくだから眺めておきたい。 と思ったのに! ちっとも見れなかった。 んー残念! でも「ここだな」という場所は分かった。 だから、うっすら明るい辺りを眺めた。 見えなくとも。 目に映らないだけで、 …

こういうことなのかと

水の流れる音に 耳を澄ませる 心静かに 上から下へと 何にも逆らわず ただただ ありのままの姿で 形を変えて 流れ落ちていく 水の流れる音に 耳を澄ませる 心静かに 何と出会い 何とぶつかり 時に激しく 時に柔らかに 素…

言葉では学べない

自分の強さを考えた。自分の弱さを考えた。 強いとか弱いとか、基準も判断も人それぞれ。 その時に訪れた出来事を、自分がどう受け止めるのか。 頭で考える冷静な判断と、説明がつかない心の感情と、その間にいつも立っている。   …

ハイコントラスト

ふんわりやんわりぼんやりと している方がいいこともある。 ちょっぴりぼやけてるくらいの方が 美しいと感じることもある。 くっきりはっきりパキっと している方がいいこともある。 状況や環境は、 感情によって大きく変わってし…

my way

まっすぐな道 周りは刈り取られた田んぼ   その真ん中を歩いていると世界の中心にいる気持ちになる 間違ってはいない   いつだって私は 私の世界の中心にいる  

月が眠るまで

まるで 時が 止まったかのように。 ハッとする。太陽の力を感じる。 気温は凍えるほど低いのに、それでもこのオレンジ色を眺めていると、何だか寒くて張っていた気持ちが緩んで、優しい懐かしく温かくなる。 宛の無い「ありがとう」…

美しさとは

整列。整うということ。まとまるということ。 準備が調う。 どちらの「ととのう」も似ているようでちょっと違う。でもすごく密接しているな、と感じる。 先日のこと。 テニス全豪オープン大坂なおみ選手とチェコのペトラ・グビドバ選…

朝の光、白の約束

眩しい朝。 美しい光が雲の隙間から。 その線が雪に反射する。 白という色が やっぱり好きだと感じる。 約束を思う。 きちんと約束を守れる人でありたいと、 折れそうになる心に強く言い聞かせる。

噪 音

とても静かな夜。 歩いている人も見かけることなく、 時々、走っている車の音が遠くから聞こえる。 雪がパラパラと降ってきて、 地面に落ちる音まで聞こえてきそう。 静かな夜は心がクリアになる。 心の声がよく聞こえてしまって。…