飛び起きた朝

朝、目が覚めたら、 関西地方で大きな地震があったと。 一気に脈拍が上がり、 不安な気持ちが駆け巡る。 胸がいっぱいになる。 昨日のライブ前のファミレスで、 西川氏と池谷さんと話していた時に、 左耳の奥がキーンとすごく痛く…

お別れの日

千葉龍太郎 音楽葬   たくさんの再会があった。 こんな形では本当は会いたくなかった。 でも。 この日に訪れた様々な機会は、 龍太郎くんからの贈り物だと思って、 素直に受け取ろうと思った。 初めて会ったのは彼が…

ぼくの背中

朝練。 ドラムセットから西川氏が 「写真を撮るからこっち向いて」 そう言われて振り向いたら、 「国吉はこっち向かないで」 というようなことを言われて、 ちょっぴり拗ねていたのだけれど、 なるほど。 背中を撮りたかったんだ…

拝 啓

5月が終わる。   前半はゆるりとなだらかに始まった。 こんなに忙しくなるなんて思っていなかった。 予定を入れて身体を忙しくさせたのは私。 それよりもっと忙しいのは心の方だ。 喜怒哀楽の中の、 “怒…

そんなこともある

先日、16日の夜中にメッセージのやり取りをしている最中に、 部屋の中で突然”パチン”と大きな音が鳴ったもので、 どこから鳴ったのだろうかと必死に探す。 なかなか見つからなくて、 気のせいだったのか…

昨年末の紅白メッセージ

昨年末のNHK紅白歌合戦の出番前に、 応援メールをしたのだけれど、 その時に返って来た言葉を思い出したよ。   ぴーちゃん、ありがとう。     タイミングとかチャンスとか、 そういうのはき…

専用エレベーター

早起きの日。 渋谷からいつものバスに乗る。 このバスに乗る時は、 雨の確率がちょっぴり高め。   バスにはいつもこの子がいる。 山手線渋谷駅のホームから見えた景色。 もう何年も工事中の渋谷駅。 歩道橋を歩いてい…

3.11の記録を読み返す

「せめて」 ただその想いだけ。 近所の神社へ手を合わせに行った。 あれからもう7年。 7年も経ってしまったのかという気持ちがある。 水分を含んだ畳の重たさと、 土の匂いと感触と、 余震の恐怖と、 現地の方のご近所さんとの…

「私」があるだけ。

渋谷へ向かう。 いつ振りだろう。 雨で電車が少し遅れていた。 道も混んでいるのではないかと不安になった。 思っていたほど混んではいなかった。 道もそうだし、バスもゆったり座れるくらいだった。 診察と検査。 通い慣れていた…