“F”の壁

朝練。 地下から出てくると太陽のパワーを一気に浴びる。 外の日差しが眩しい。 人も植物も太陽の光を浴びることの大切さを感じる。 ちょっと目が痛いけれど、 身体は喜んでいるような感じがしたよ。 先日、茨城から東京へ戻る時に…

鏡の中の自分を

打ち合わせで新宿。 という予定だったのだけれど、 行く直前になって、 新宿でどこで会えばいいのか。 どこかいい場所を知っていれば、 と思ったのだけれど、 ここというところが互いに思いつかず。。。 普通にお茶するだけならい…

REC.19:「ごめんなさい」

深夜2時過ぎた頃。 そろそろ帰ろうと車へ行き星くんを起こす。 みんな夕飯を食べていなかったので、 お昼ご飯をいただいたコンビニへ行き、 ちょっとだけ腹ごしらえ。 人気の無い大通り。 コンビニには明日のお弁当の仕込みの方が…

きっと桜はわかっている

ライブに何を着ようか迷う。 西川氏に相談してみたが、 最終的に決めるのはやっぱり自分だ。 服はすごく好きだけれど、 どれが自分に一番似合うのかはわからない。 もちろん好みはある。 普段は好きな格好をしているし、 おでかけ…

気持ちと状況、どっちが先か

前夜の大掃除のおかげで、 予定より2時間の睡眠不足。 「もっと寝たいー」と思いながら身体を起こし、 早朝ラッシュのピークよりも少し早めに電車に乗り込む。 病院の前は、前回来た時と景色が違った。 この桜が私の初桜。 早く到…

目に留めておく

見慣れない光景だなぁと思う。 でも、ちっとも新鮮では無いし、 どの町も駅から見たらこんな感じ? 見慣れないでは無くて、 見過ごしているだけ。 もっともっと道を歩きたいと思った。 見過ごしていることが多い。 同じ道を何往復…

1111・702

ずっと母親に言われていた言葉があって、 「あなたは携帯不携帯だね」 かかって来た電話に一回で出ると 兄からは「お、珍しいね」 よくそう言われる。 思わず未読が1111通で「お!」と思って撮ったけど、 それは、決していい事…

3.11の記録を読み返す

「せめて」 ただその想いだけ。 近所の神社へ手を合わせに行った。 あれからもう7年。 7年も経ってしまったのかという気持ちがある。 水分を含んだ畳の重たさと、 土の匂いと感触と、 余震の恐怖と、 現地の方のご近所さんとの…

REC.9:夜桜イルミネーション

お昼に久しぶりに渋谷へ行く。 久々の方に会いに行く。 予想外の工事で目的地の最短距離が阻まれる。 渋谷へ行く時はこういうことに気をつけなきゃ。 何か予感があって、 会う時間を作っていただいた。 空いている時間はピンポイン…

ドラマティック

レコーディングを終えて、 そのまま車で東京に向かう。 出発は深夜3時頃だった。 約12時間くらい、 「100回は歌ってるんじゃないですか」 みんなで笑った。 そのまま荷物を積み、 朝なんだか夜食だかわからないご飯を食べて…