鹿児島県三島村『大名筍』

届きまして、
感激いたしました。

こんなにたくさん!
でも、鮮度が大事。
もちろん、おすそ分けもしまして。

だって。
本当に美味しいから、
独り占めするのは勿体ないでしょう?

アク抜きせずに、お刺身で食べれる筍です。

この世に笑顔は、
ひとつでも多い方がいい。

ぜひ、ご覧ください。

鹿児島県の南にある離島、三島村。
​三島村の中で最も小さな竹島、人口70人(2016年6月)。
甘みがあり、エグミがなくアク抜きをせずに食べられる名産物の大名筍。
島の住人のため、子供たちの未来のために地域の活性化を目指す。

製作 NPO法人 みしまですよ
協力 NPO法人 まちづくりGIFT
映像 福井崇志
音楽 「セレモニー」 国吉亜耶子 and 西川真吾Duo

三島村ジオパーク

人はひとりで生まれて来れないのは

僕が弱いことを
あなたは知っているのでしょう

楽曲制作に携わりました
“東京ハイビーム”の
“My Sweet Baby”を観に行きました。

いつものように脚本を読ませていただき、
頭の中でぐるぐると考える。
キーワードを絞り込む。

誰の気持ちで書く?

音楽を作ることはとても難しい、
でもそれを超える楽しさがあって、
うーん、うーんと一人で唸る。

ただでさえ多い独り言が何倍にもなる。

その傍らで、
独り言と同じくらいに、
無口にもなるという面白い世界。

一人の作業が増えるから仕方ないのだな。

“代理母出産”という
とても重みのあるテーマで、
セリフにも大切な言葉も多く、
間違った解釈が起こってしまっては、
絶対にいけないお話で、

もちろん、
感想や受け取り方は観た方の自由だけれど、
そうでない部分でお芝居の邪魔が出来ない。

そう思って言葉と言葉に隙間を入れたけれど、
それでも何だか納得出来ず、
自ら演出の吉村さんに提案し、
テーマ曲のインストバージョンを作っておいた。
きっと役に立つだろう、と思ったから。

 

そしてお芝居を観て。

インストを作ってやっぱり正解だったと思った。
とても大切な場面、
それぞれの登場人物が、
気持ちを打ち明ける時に流れた。

テーマソングは最後のエンディングで流れた。

すごく嬉しかった。
というのは、実は後から湧く感情で。
実際観ている時にはお芝居に夢中で。

また、良いきっかけをひとつ頂いた。

“希望のうた”

歌いたい歌が生まれた。

日々、思うことと、
お話から教えてもらったこと、
うんと詰め込んだ曲。

でも、お芝居を観ていない人にも、
きちんと伝わらなければ意味がない。

そこの部分だけは、
ずっと守っていきたいと思う。

 

ありがとう。

 

僕が弱いことを
あなたは知っているのでしょう
だから天を仰ぐように
朝がやってくるのでしょう


生まれてきた意味を
探し続ける理由は
たったひとつの輝きを
大切にするために

人はひとりで生まれて来れないのは
人はひとりでは生きては行けないから
ひとり ひとり 生きて行くから

“希望のうた”歌詞の一部より

 

Seeya!