7.21 南堀江Knave:初めて大阪に来た夜を

いつぶりだろう!?の南堀江のKnave。
しっかり駅からの道は覚えていた。

以前に入り時間まで時間を潰した
近くのロイヤルホストもまだあって、
「懐かしなぁ」と嬉しくなった。

07.24(tue) 大阪・南堀江 knave
“「Basement Symphony」”
出演:The BEG / 弱虫倶楽部 / LAZYgunsBRISKY / シンガロンパレード / Andare
・Andare member:Key.Vo.国吉亜耶子 / Dr.Cho. 西川真吾

「かっこいい」という言葉がしっくりくるバンドばかりだった。
熱量はもちろんだけれど、
男気のようなものを感じさせられた。

オープン間際の誰もいない空間は、
特別な気がしてワクワクする。
どんな日になるんだろうって。

期待が高まる。

じっとしばらく眺める特別な時間。

独り占めの気分。

仲のいいバンド同士は、
そうでも無かったかもしれないが、
それぞれが各々の時間を過ごしている。

 

普段よりも同じ楽屋に居ても、
バンド同士の交流というものは多くなくて、
初めて大阪に来た時みたいな気持ちになった。

楽屋での「アウェイ」感が半端なかったので、
出番の前後以外、用事が無い限り入らないようにしていた。

と書くと良く無いように感じるけれど、
私自身は結構、こういう雰囲気も好きだ。

ライブ前は特に、考えてることがたくさんある。
だから、放って置かれているのもまた楽しい。
深くまで潜ることが出来るから。

ライブ。

すごく楽しかった。
今年初めての大阪でのライブ。

ずっとずっと行きたかったから余計に。
やっぱり適度に来たいと強く思った。
次の大阪ライブが決まっているということが、
ライブをして更に嬉しく感じた。

Knave。
野津さんが呼んでくださった。
野津さんのお誕生日月のお祝いパーティー。
みんな野津さんへの愛が溢れていた。

すっかり覚えていないだろうと思っていた、
Knaveの上原さんにもご挨拶出来た。
覚えていてくださったことが嬉しかった。

聴いてくださった皆さん、
久々にお会いできた皆さん、
初めての方も。
共演者の皆さん、スタッフさん、
本当にありがとうございました。

野津さん。
お誕生日おめでとうございます!
そして、そんな大切なイベントに呼んでいただき、
本当にありがとうございました。

Knaveにいる間、
いつ振りだろうってずっと考えていたけれど、
最後にここへ来たのはもしかしたら、
出演ではなく観に来た時かもしれない。

 

田中のまきちゃんの弾き語りライブ。
彼女もすっかり素敵なママになっている。
なかなか会えないけれど文を交わした貴重な大切な仲間。
月がすごく輝いていたから、無性に会いたくなったよ。

 

コメントを残す