文 明

住めば都。 私はきっと、どこでも寝れるんだと思う。 枕もきっと、どれでも大丈夫。 なんなら、折りたたんだタオルでもいい。 このお部屋で過ごした時間が長かった分、ものすごい愛着湧いて、離れる時は込み上げる寂しさ。   自分…

my way

まっすぐな道 周りは刈り取られた田んぼ   その真ん中を歩いていると世界の中心にいる気持ちになる 間違ってはいない   いつだって私は 私の世界の中心にいる  

自分のためだけに

今年もひと月が過ぎ、あっという間に2月。   1月は思い切り、自分のために時間を使った。   「自分のために」と書いたが、実際のところ何時だって今までだって、自分のために使っている。 だから、その言葉があまりしっくり来な…

好きでもダメもある

1月中頃から急に発症した蕁麻疹。 段々と落ち着いて来た。酷いところは足首だけになった。原因がわからない、突然訪れる皮膚の異常。 以前もあった。活動休止していたあたりの頃。2014年〜2015年秋頃までの間も、突然皮膚がお…

ご飯と私の関係

「お米が美味しいと何杯でも食べれる。」 とは言うものの、基本的に私のバランスはご飯少なめ。 決して少食というわけでは無くて、どちらかというとよく食べる方。 ご飯は普通の量か、それよりちょっと少ないくらい。その分、おかずを…

月が眠るまで

まるで 時が 止まったかのように。 ハッとする。太陽の力を感じる。 気温は凍えるほど低いのに、それでもこのオレンジ色を眺めていると、何だか寒くて張っていた気持ちが緩んで、優しい懐かしく温かくなる。 宛の無い「ありがとう」…

美しさとは

整列。整うということ。まとまるということ。 準備が調う。 どちらの「ととのう」も似ているようでちょっと違う。でもすごく密接しているな、と感じる。 先日のこと。 テニス全豪オープン大坂なおみ選手とチェコのペトラ・グビドバ選…

朝の光、白の約束

眩しい朝。 美しい光が雲の隙間から。 その線が雪に反射する。 白という色が やっぱり好きだと感じる。 約束を思う。 きちんと約束を守れる人でありたいと、 折れそうになる心に強く言い聞かせる。

復 習

突然、目の前に現れた。 挟んであった手帳から落ちたのだろう。目の前にストンと。 昨年12月に北海道神宮で引いたおみくじ。最近、ここにも書いてある通りの、おみくじは大吉。 その時に読んで、「うんうん」「なるほど」しっくりく…