ほんとあれ、可愛い写真だよね

先日、兄から電話があった。
一番上の兄だ。

 

一番初めに出た言葉は、
先日このブログに書いた記事、

2017-02-08 pizzaと家族の力関係

このことについてだった。

 

このブログは時々だけれど、
ツイッターやFacebookに連携される。

記事をアップすると、
SNSにもアップされるという仕組み。

 

標準では”連携する”方にチェックが入っているため、
いつもはそのチェックを外して、
記事をアップするようにしているのだけれど、

時々、チェックを外し忘れて、
アップしてしまうことがある。

もちろん意図的にチェックを入れて、
アップすることもあるのだけれど。

基本的には連携しないようにしている。

 

ここに来た人だけが見れたらいいかな、
そんな気持ちで書いているし、
内容的にもそんなに公表するほどでも無いだろう。

お知らせ含めたものに関しては、
積極的に連携させていただきますけど!

アップされたものを、
慌てて消す時もあるけれど、

「いいね」とかコメントいただいたら、
消さないようにしているよ。
せっかくだもの。
いただいた気持ちを大切に。

 

その時の記事は、
チェックを外し忘れて上がったやつだな。

私は兄とFacebookで繋がっているため、
それを見たんだなぁ。

 

電話をした時、兄は仕事で沖縄に居た。

ここ最近、仕事の関係で、
結構な頻度で沖縄に帰省している。

いいなぁ、うらやましいー。

そんな気持ちと、
母は沖縄で一人暮らしだから、
ちょっとだけ安心。

でも、そんなに心配はしていない。

母とはたくさん話をするからね。

 

電話で兄は開口一番に、

「可愛い写真を使ってたね」
「みんな(姪っ子たちの事)喜んでたよー」
「ピザの話まで書いて・・」

そんなことを笑って話した。

電話がかかってきた用事、
そのメインはこの事では無いのだけれど、
こういう話が出来たことが嬉しかったんだな。

昔ほど話す機会も減るものね。

写真は昨年。

2016年10月15日に母が上京して来て、
兄の家に泊まるという事で、
私もお迎えに行った日。

 

私は兄の家には泊まらずに、
明日の予定もあり自宅へ帰ったのだけれど、
この日の帰り道の気持ちは、
今でもとても忘れられないものになっている。

あの日、帰りの電車で、
「私も泊まった方が良かったかもしれないな」
そう強く思ったから覚えている。

自分なりにひとつの節目を迎え、
ひとりが心細かった夜だ。

そんなことをも、
全てを打ち明けられそうな人に、

これは打ち明けてはならない

それを選ぶことしか出来なかった。

でも、それがあって今があるんだもの。

そして今、あの時を振り返る。
4ヶ月経って気が付いたことがある。

そうか、あの時。

私は何もわかっていなかった。

あの時もう既に。
そうだったんだな。
申し訳無い気持ちでいっぱい。

時を経て冷静になって、
やっとやっと気付いたこと。

私は本当に、
何もわかっていなかったんだな。

バカだ、大バカ野郎だ。

ごめんなさいの気持ちが溢れる。

いつかちゃんと伝えよう。

 

読んでくれてありがとう、お兄ちゃん。

 

そしてあなたも。

 

 

CYA!